フランス料理 ラ・ベ リニューアルオープン 2019年3月1日(金)

ラ・ベ改装イメージ

フランス料理 ラ・ベには、店内を美しく装飾するミルワークや手彫りの細工が施されたコンソールテーブル、暖かな火を灯す大理石の暖炉などが設えられ、伝統的なクラシックヨーロピアンスタイルのインテリアが18世紀の英国上流階級の邸宅を彷彿とさせます。
この度「ラ・ベ」は、その独特の雰囲気を残しながら家具を一新し、緩やかな曲線のモダンヨーロピアンスタイルでインテリアを統一。さらに、赤色をアクセントに取り入れることでフレンチの華やかさを演出。進化を遂げるシェフの料理にふさわしい、コンテンポラリーテイストが加わったクラシックエレガンスへと生まれ変わりました。

料理

四季ごとに変化するメニュー

旬の食材を意識して使用しているだけでなく、美しい色彩のプレゼンテーションはまるで季節を映し出しているかのように感じられます。また、「日本にしかない食材を使うのは愉しみであり、新しいアイディアが生まれる機会でもある」と、シェフは日本の食材を使用することへも情熱を傾けます。伝統的テクニックと新しい食材への創意から生まれる料理は、フランスと日本での豊富な経験と知識を持つシェフならではものです。季節の移ろいとともに、見た目にも美しい五感で味わうお料理をお愉しみください。

貴重なオマールブルー

オマールブルーは、ヨーロッパで獲れる希少なオマールエビで、捕獲量が少なく、ヨーロッパでも最高級の食材として知られています。「ラ・ベ」には、オマールブルーを生きたまま保管できる水槽があり、いつでも最高の状態でお客様に提供しています。

ボルディエバター

シェフの故郷から取り寄せるボルディエバター

「最高のバターをお客様にお出ししたい」との想いから、シェフが幼少期を過ごしたフランス・ブルターニュ地方で、厳選された材料を使い、伝統的な製法にこだわって丁寧に作られるボルディエバターをご用意しております。

ワイン

ワインリスト

ワイン通を唸らせる希少なヴィンテージワインから、ニューワールドワインまで400種類以上がラインナップされているワインリストより、「ラ・ベ」のソムリエが料理とのペアリングをお客様にご提案します。

リーデル・ルーム

日本で唯一、ワイングラスメーカー「リーデル」の名前を冠したプライベートダイニング「リーデル・ルーム」がザ・リッツ・カールトン大阪に誕生。世界で初めて、ブドウの品種に合わせたグラスを生み出したリーデルのシグネチャーラインであるハンドメイドワイングラスとデキャンタのコレクションがキャビネットに格納されています。お選びいただいたワインに合わせてリーデルのグラスでご提供します。

 

  • 写真はイメージです。

  • 当店で使用しているお米は、リゾット以外全て国産米です。
  • 表記料金に消費税およびサービス料15%を加算させていただきます。
  • 全席禁煙(個室は喫煙可)です。
  • ランチタイム:スマートカジュアル(男性のお客様のハーフパンツ、サンダルなどの軽装はお控えください。)
  • ディナータイム:エレガンス(男性のお客様のTシャツ、ポロシャツ、トレーナー、ハーフパンツ、サンダルなどの軽装はお控えください。)
  • ランチタイム・ディナータイム共に6歳以上のお子様のご利用に限らせていただきます。個室では終日お子様の年齢を問わずご利用いただけます。
  • 写真はイメージです。メニューの内容は変更する場合がございます。予めご了承くださいませ。