コミュニティ活動

私たちは、地域社会の一員として
コミュニティに貢献できることを光栄に思います。

ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーは、1983年の設立時に「さまざまなプログラムを通じ地域社会に積極的に貢献し、環境保護に努めること」を最初の誓約として掲げました。
その精神に則り、児童福祉、飢餓撲滅、環境保護に焦点を当て、現在も世界中のリッツ・カールトンが、各地の地域社会のニーズに応えるよう、色々な活動に取り組んでいます。

ここ大阪でも開業以来、大阪のホテル業界、そして関西のリーディングカンパニーとして、自社の利益を得るだけではなく私たちホテルのビジネスをサポートしてくださっている地域の皆様、そして社会に少しでも貢献し、お返しできればと次のようなボランティア活動に力を入れています。

  • 社内の募金活動
  • 商品および物資の寄付
  • 従業員によるボランティア活動
  • 一般の方々が参加できる地域貢献活動

環境保護活動に関しては、ホテル内の電気、水道、ガス使用量を削減すべく、客室の窓ガラスにフィルムを張り、紫外線の吸収を削減、キッチンの蛇口250箇所全ての節水駒を最新版に変更など、さまざまな節減方法を計画し、実行しています。

コミュニティ活動
コミュニティ活動

一般の方々が参加できる地域貢献活動

ギブバック・ゲッタウェイ

全世界中のリッツ・カールトンで行っている「ギブバック・ゲッタウェイ」は、お客様が旅先の地元コミュニティに貢献する機会をホテルがご提供することにより、私共ホテルがお客様と共に思い出に残る、そして自身も豊かな気持ちになる体験をするユニークなプログラムです。それぞれのホテルが児童福祉、飢餓撲滅、あるいは環境保護に焦点を当て、そのテーマと取り組む団体を通じて活動します。例えばバリ島でシュノーケリンやダイビングを楽しむゲストは、環境により優しい魚釣りの方法を取り入れた地元の海草採りの漁師と一緒に、サンゴを守るプログラムに参加しました。ニューヨークを訪れた人は、セントラルパーク管理委員会のメンバーと一緒に公園内のベンチや手すりのペンキ塗り、落ち葉掃除、花壇の手入れなどを行ないました。

ここ大阪では、泉南市に位置する伝統的な日本の農村を感じさせる自然学校「紀泉わいわい村」にて、自然にやさしい生活を実体験していただき、人と自然との共存について学ぶ活動を行いました。

献血活動サポート

ザ・リッツ・カールトン大阪は、近年献血者の数が芳しくない状況を少しでも改善できればと、日本赤十字社と話をし、2006年より毎年ホテルの商品である宴会場を無料で献血場所として提供しています。さらにご協力いただきました皆様にはホテルのラグジュアリーな空間でお飲物とクッキーなどのスウィーツをお楽しみいただいています。

2007年からはこの活動に加え、輸血用血液の確保に最も苦しむ年明けの時期に少しでも多くの方に献血にご協力いただけるように、ご協力いただいた方にホテルからプレゼントやデザートをご用意したり、さまざまな企画でよりたくさんの皆様に献血していただけるよう努めています。