リッツ・カールトンの歴史

揺ぎない理念とサービスを追求する確固たる姿勢で、ホスピタリティ業界において、リーダーシップを発揮し続けるザ・リッツ・カールトン・ホテル。その歴史と伝統をご紹介します。

第1章 ある若きホテルマン

リッツ・カールトンの創始者であるセザール・リッツは、1850年、スイスの二―ダーヴァルト (Niederwald)で羊飼いの13番目の息子として生まれました。彼は15歳からウエイターとして働き、その後は多くの有名ホテルでホテルマンとしてのキャリアを積みながら、ヨーロッパの上流社交界の人々の趣味や嗜好を学びとっていきます。リッツのきめ細やかで完璧なパーソナル・サービスは多くの王族や富豪から信頼を寄せられ、さ まざまな一流ホテルが彼をマネージャーとして招きました。

そんな中リッツは料理人オーギュスト・エスコフィエと出会います。二人はホテルの料理やサービスに対する考えが一致しており、リッツがロンドンの有名ホテルにマネージャーとして招聘された際はエスコフィエも同行したほどです。よいホテルに素晴らしい料理は欠かせないと考えるリッツにとって、エスコフィエは 夢を実現するのに欠かせないパートナーでした。1907年に出版されたエスコフィエの料理本は、今なお多くのシェフのバイブルとして受け継がれています。

赴いたホテルで、リッツはエスコフィエによる最高の料理を供すとともに、レストランの営業時間を延ばしオーケストラを導入するなど、華やかな晩餐のシーンを提供。彼のサービスは英国の上流社交界の人々からも絶大な支持を得ました。それに対し、イギリスのプリンス・オブ・ウェールズ(皇太子、後のエドワード 7世)からは、"Where Mr. Ritz goes, there I go."(リッツの行くところに私も行く)という賛辞が寄せられました。

第1章 ある若きホテルマン

第2章 ヴァンドーム広場の夢

ロンドンを後にしたセザール・リッツは1898年、高級宝飾店が軒を連ねていることで有名なパリのヴァンドーム広場に、自分の名前を冠した理想のホテルをつくりました。快適さ、安全性、プライバシー、サービスにおいて、すべてのゲストに極上のそして自宅のようなくつろぎを提供することをめざす「ホテル・リッツ」です。

家庭的な雰囲気を醸し出す、落ち着いたこじんまりとしたロビー。貴族の邸宅のようなクラシックで華麗な装飾。素晴らしい料理。スタッフによる洗練された対応。エレガントで優美な空間と革新的で比類なきサービスを確立したこのホテルは、エドワード7世から“king of hoteliers and hotelier to kings”(ホテリエの王、王のホテリエ)と賞賛されました。 また、アーネスト・ヘミングウェイ氏やマルセル・プルースト氏、マダム・ココ・シャネルらの滞在先としても知られ、小説や映画にも登場するなど、リッツ・カールトンのラグジュアリーのルーツとして多くの人々を魅了しつづけています。

1899年には「カールトン・ホテル」をロンドンに開業。パリの「ホテル・リッツ」と併せて、1905年に米国に設立された「ザ・リッツ・カールトン・マネジメント・カンパニー」の名前の由来となりました。

第2章 ヴァンドーム広場の夢

第3章 新たなる繁栄

アメリカに進出したリッツ・カールトンでは、セザール・リッツの死後、妻マリーが彼の意思を継承していました。ヨーロッパにしかないような一流のホテルを建設するという理想のもと、ホテルの経営を拡大。ニューヨーク、フィラデルフィア、ピッツバーグ、モントリオールなどに進出し、最高の設備と料理によって世界中の人々から支持を集めました。

1927年には、世界的に認められるホテルを地元に建てたいというボストン市長の依頼により、不動産会社を営むエドワード・ワイナー氏が商号使用の許可を取り、ザ・リッツ・カールトン・ボストンをオープン。ワイナー氏は、セザール・リッツの伝統を受け継ぎながらも、アメリカの独創性やボストンの地域社会に根ざしたセンスを取り入れた新しいサービスを創造しました。地元の社交界からはもちろん世界の上流階級の人々や著名人・文化人が訪れたこのホテルには、数々の華やかなエピソードが伝えられています。

1961年にワイナー氏が亡くなった後、不動産会社の会長兼オーナーであるジェラルド・W・ブレイクリー氏がザ・リッツ・カールトン・ボストンを運営しますが、ホテルと全米におけるザ・リッツ・カールトンの商号使用権を1983年にアトランタのウィリアム・B・ジョンソンに売却。ホテルの運営と商号使用権をとりまとめたジョンソンは、「ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーL.L.C.」を設立しました。これが現在の"新世代のリッツ・カールトン"の始まりとなります。

第3章 新たなる繁栄

第4章 ボストンの華

数あるリッツ・カールトンの中でも、ザ・リッツ・カールトン・ボストンはその華麗さや格調高さにおいて特に際立った存在でした。設立当初から1960年代頃まで、ザ・リッツ・カールトン・ボストンは本質的には上流階級のプライベートクラブでした。ホテルに来られるゲストが社会的に名の通った方かどうかを調べ、ときにはその確認が度を越え、ゲストが送ってきた予約の手紙の紙の質まで調べ、その紙がホテル側の考えるクオリティに達していない場合は宿泊を断ることもあったほどです。ドレスコードは、当時のボストンの社交界に合わせてフォーマルを義務づけていました。女性は「ザ・カフェ」にて一人でランチをとることを許されておらず、1970年までは男性のエスコートのない女性は「ザ・リッツ・バー」に入ることさえできませんでした。

レストランの料理は、セザール・リッツのパートナーであったオーギュスト・エスコフィエの栄光なる伝統によりつくりあげられました。リッツ・カールトンの料理は常にクラシカルでありながら飽きのこない、かつ革新的でありながら流行を追いかけない料理です。1927年、ザ・リッツ・カールトン・ボストンが開業した夜に出されたロブスターのウイスキー料理"Lobster au Whiskey"は、評判のメニューになりました。

ザ・リッツ・カールトン・ボストンは、多くの音楽や文学が生み出されたホテルとしても知られています。リチャード・ロジャーズはスイートルームのピアノの上で"10センツ・ア・ダンス"を作曲。オスカー・ハマースタインはシャワールームの中で"エーデルワイス"を作詞し、テネシー・ウィリアムスが有名な小説「欲望という名の電車」の一部を執筆したといわれています。 また、英国の元首相ウインストン・チャーチルが滞在された際は部屋の家具を好きな赤色で統一、著名な映画女優ジョアン・クロフォードが来られたときには好物のお菓子であるライフセーバーでデコレーションしてお迎えしたことなど、多くのストーリーが残っています。
(2007年1月11日以降、上記ボストンのホテルの運営はザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニーではございません)

第4章 ボストンの華

第5章 ライオンとブルー・ゴブレット

絵画やアンティーク。クラシックな家具。上質な輝きを放つシャンデリア。リッツ・カールトンはさまざまなもので彩られていますが、長く親しまれているシンボリックなアイテムとしては、ロゴマークのライオンやブルー・ゴブレットが有名です。

ライオンと王冠を組み合わせたロゴマークの誕生は1905年へと遡ります。パリの「ホテル・リッツ」とロンドンの「カールトン・ホテル」の名前を取って「ザ・リッツ・カールトン・マネジメント・カンパニー」が北米に設立された際、出資会社であった保険会社のロゴマークであるライオンとイギリス皇室のシンボルである王冠の組み合わせを、セザール・リッツが考案しました。 1968年、ホテルの方向性をより明確にする意味も含め、ライオンの顔立ちがより優雅にデザインされ、現在のロゴマークが完成しました。

ブルーのゴブレットは、ザ・リッツ・カールトン・ボストンの「ザ・ダイニング・ルーム」に飾るチェコスロヴァキア産のクリスタル・シャンデリアの色に合わせて、ワイナー氏がオーダーしたものと言われています。実はブルーのガラスは1920年代のボストンではステータスの象徴でした。ヨーロッパから輸入された窓ガラスがボストンの空気に触れ、ブルーに変色したからです。つまりブルーのガラスはその家の持ち主が輸入品を買うほどの財産があることを意味するラグジュアリーなアイテムだったのです。

第5章 ライオンとブルー・ゴブレット

第6章 ラグジュアリーを世界へ

1993年にザ・リッツ・カールトン・カンクーン(メキシコ)をオープンしたのを皮切りに、リッツ・カールトンはその展開を世界へと拡張しました。
リッツ・カールトン独自のフィロソフィに基づくクオリティはそのままに、リージョナルなセンスを取り入れた世界各地のリッツ・カールトンは、観光客はもちろん地元のゲストからも高い評価を得ています。

1994年にはヨーロッパに進出。スペインとバルセロナにてホテル運営を開始し、以降、ドイツ、アイルランド、トルコなどにも展開。
アジアでは、1995年に韓国のソウルにアジア第一号店を開業した後、シンガポール、大阪、中国にも開業。中でも中国は上海、北京、広州など広域に渡って展開しています。
中近東においては、1998年にアラブ首長国連邦に開業。以降、バーレーン、カタール、エジプトにもホテルを開業しています。

お客様が世界中どこの都市、リゾートに行かれても、リッツ・カールトンのサービスを受けていただけるよう、リッツ・カールトンは努めています。

2009年には、リッツ・カールトンは、究極の心地よさとラグジュアリーなサービスをご提供するため無類の隠棲地に、リッツカールトン・リザーブを初めてオープンしました。

リッツ・カールトンが発祥以来つねに提供してきたのは、時代が求めるニーズを先読みした、既存の枠にとらわれない新しい価値をもつサービス。ザ・リッツ・カールトン・ホテルにしかない特別なクオリティを世界中のお客様に味わっていただくために、これからも日々前進し、ラグジュアリーの歴史を築き上げていきます。

海外のリッツ・カールトン並びにパートナーホテルに関するご予約・お問い合わせ
ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー
東京予約センター:フリーダイヤル 0120-853-201

第6章 ラグジュアリーを世界へ